理科の授業で興奮している子供たち

W.E.Sについて

IMG_2821-02.webp

Well English School(以下W.E.S)は夫婦で経営する英語専門スクールです。講師陣は日本人講師とネイティブ講師(ニュージーランド出身、日本語での会話可)です。日本人講師は、某製薬会社の品質管理課で働いた後、教育業界に転職しました。個別指導塾、英会話スクールの勤務を経てこの度W.E.Sを開校しました。学生時代には株式投資で得た資金を元手に世界10ヶ国を放浪した経験があります。ネイティブ講師は国際的な英語指導資格を有し、学生時代の留学までを含めると10年以上日本に住んでいます。以前勤務していた英会話スクール(全生徒数約600人)では副校長を任せられ、ALTでの勤務歴もあります。生徒、保護者からも信頼されている当校自慢の講師です。

W.E.Sでは主に年齢別、または生徒のレベルに応じてクラス分けをしています。(プライベートレッスンではその限りではありません)順番にそれぞれのレッスンの概要を説明していきます。

0歳から12歳のためのレッスンでは、Sounds, Stories and Situations、略してSSSを基本としています。青年期以降で行われる学習方法として、1つの理論を理解し実践することを繰り返して知識を定着させる方法があります。しかし幼少期の英語学習では英語以外にも様々な情報を組み込むことにより、相乗的に知識を定着させるということができます。ここでいう知識というのは、英語力以外にも、情報処理能力や能動的な行動、コミュニケーション力等を指します。具体的にSSSでは、英語の音をフォニックスとして理解し、リスニングをしながら語彙やフレーズをインプットすることを目的としています。フォニックスと語彙は、ストーリーを読むことによってアウトプットします。最後に、学んだ英語を確実に定着させるために、実生活に近づけたロールプレイングで今までの知識を総復習します。すべてのプロセスは、ネイティブ講師の指導のもと、楽しく、魅力的な方法で行われます。

中学、高校生のレッスンではまず日本人講師が知識のインプットを行い、ネイティブ講師が英語による授業で日本人講師から学んだ知識をアウトプットすることで、効率的に学習をします。我々は今まで数多くの生徒を指導してまいりましたが、基礎を疎かにする方が数多く見受けられました。その他の教科にも言えることですが、基礎が最も苦労する分野で、それを乗り越えると発展問題は意外と楽に解けるはずです。中学高校のレッスンでは、この基礎固めを徹底し、最終的には英語が得意科目となるまで押し上げます。そして英語は他の教科に比べて、聞いたり、書いたり、話したりとより複雑な科目です。特に日本の英語教育では圧倒的に書く力や話す力が不足しています。W.E.Sではその4技能をバランスよく学習できます。

​成人のレッスンでは初級クラスと会話クラスの2つのグループチャットクラスがあります。初級クラスでは、英語が話せなくても大丈夫です。日本語を交えながら楽しくお話ししましょう。会話クラスでは基本的に英語のみでの会話になります。好きな音楽や、最近の趣味の話、世界情勢など内容は多岐にわたります。文法や知識にご不安があれば、日本人講師とネイティブ講師の4技能強化レッスンもご用意しております。

プライベートレッスンでは講師と生徒が1対1となり様々な課題を解決していきます。子どもを小さいうちから英語にふれさせたいがプライベートの方がよい、海外の大学に入学するために集中的に語学力を上げなければならない、海外の会社に就職したいがCV(履歴書)の書き方に不安がある、英語の面接試験や筆記試験が不安だ、会社の昇進で英語の資格が必要だ、次の英語のテストでよい成績を残したい、将来の海外転勤に向け日常会話程度はできるようになりたい、学校になじめないけど英語を通じて新たな世界に行ってみたい、ただただ英語を話したいなど様々なご要望に応えていきます。